レクサプロジェネリックがあればうつも怖くない

レクサプロ・ジェネリック 未分類

病院でうつ病と診断された場合、抗うつ薬が処方されます。でも、心の病気に対して薬を飲むのはちょっと…、薬を飲むと精神病と認めることになるから嫌…というように抵抗を感じる方は少なくありません。

でも、抗うつ薬は治療のために必要な存在です。飲むことで精神的に楽になりますし、治療期間も短くなります。

 

現在ではたくさんの抗うつ薬があります。

症状によって適した薬は異なりますが、ここでは主にうつ病や不安障害などに有効な「レクサプロジェネリック」について紹介していきたいと思います。

 

レクサプロジェネリックについて

レクサプロジェネリックは名前の通り、抗うつ薬レクサプロのジェネリック医薬品です。

抗うつ薬の中でもSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。

この薬は主に脳内のセロトニンに作用するもので、セロトニンの分泌をコントロールすることで不安感やうつ症状を改善する効果が期待できます。

 

薬の特徴

レクサプロジェネリックなどのSSRIはセロトニンにのみ作用しますので、他の神経伝達物質へ影響を与えません。そのため、他の薬と相互作用が現れにくく副作用が出にくい特徴があります。

もちろん、全く副作用のリスクがないわけではありませんが、比較的軽度です。(胃腸障害、眠気、めまい、性機能障害など)

 

また、抗うつ薬は1日に複数回服用することが多いですが、レクサプロジェネリックは1日1回の服用で効果が現れます。何度も服用しなくても効果が得られるので続けやすいです。

ちなみに、効果が現れるまでは個人差があるものの、服用開始14~30日ほどで効果が現れます。

 

レクサプロジェネリックで改善が期待できる病気

抗うつ薬にはいろいろな種類がありますが、その中でもレクサプロジェネリックの有効成分であるエスシタロプラムは不安や気分の落ち込みに有効です。

そのため、レクサプロジェネリックはうつ病だけでなく幅広い疾患に有効となっていますので、多くの治療に適した医薬品です。

主に改善が期待できる疾患は以下のとおりです。

 

・うつ病・不安障害

・強迫性障害

・パニック障害

・PTSD(外傷後ストレス障害)

・PMDD(月経前不快気分障害)

 

 

レクサプロジェネリックは通販でしか買えない

レクサプロは2011年に発売が開始された抗うつ薬です。そのため、現時点では日本国内でレクサプロのジェネリックは発売されていません。ジェネリックが発売されるまでには10~20年かかると言われていますので、経済的な負担が抑えられるまでにはもう少し時間がかかります。

 

ただ、通販を利用すればレクサプロジェネリックを手に入れることができます。

どういうことかというと、ここでは簡単に通販と表していますが、具体的には個人輸入代行のことを指しています。

個人輸入は、海外医薬品を個人的に輸入(取り寄せ)ることです。ただ、代行業者が間に入ってくれているので面倒な手続きや言葉の壁は一切ありません。

 

しかし、どうして特許期間が切れていない医薬品が通販で買えるのか?

レクサプロジェネリックなどの医薬品を取り扱っている通販サイトでは、製造国が表記されていますが、その多くが「インド」です。

インドは法律的にジェネリックの製造が認められているので、特許期間が切れていない医薬品でも同じ成分を使ってジェネリックを作ることができるのです。

 

ジェネリック医薬品の安全性

そもそもジェネリック医薬品は、新薬をもとに開発された医薬品です。新薬を作り出すまでには莫大な時間とお金がかかっているため、発売するときには独占販売できる権利が与えられます。しかし、この権利は10~20年ほどとなっています。その後は他の製薬会社が製造・販売できるようになり、コストがかからない分、低価格で販売しています。

 

日本の薬といえば安全性が高い気がしますが、海外製の薬となれば少し不安になります。

しかし、インドという国は非常に製薬に対する技術が高いと評判です。そのため、大手製薬会社の中には製造の拠点をインドに置いているケースもあります。

 

よって、日本ではまだ存在していないレクサプロジェネリックであっても品質には問題ありませんので、安心して試すことができるのです。

レクサプロ・ジェネリックを通販で購入する >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました